宮城県富谷市・仙台市にお住まいの方のための矯正歯科クリニック。

マウスピース矯正

マウスピース矯正 『invisalign(インビザライン)』とは?

米国のアラインテクノロジー社が開発したうすい透明のマウスピース型の矯正装置です。世界で非常に多くの患者さまに使用されている矯正装置です。

ご自宅でカスタムメードされたマウスピース(アライナー)を2週間に1度交換していくことにより歯を徐々に動かしていきます。ワイヤーを使用しないため、見た目にはつけているのがほとんどわかりません。

ご自宅で治療を進めていくことができることから1〜3ヵ月毎の間隔の通院で治療が可能になります。

見えない矯正治療目立たない矯正器具通院間隔の少ない矯正治療をご希望される方へオススメの最新の矯正治療です。

『invisalign(インビザライン)』の特徴

インビザライン・システムは、3次元コンピュータ画像技術を駆使し、治療の開始から終了までの過程の緻密なシミュレーションを行うことから始まります。そして、このシミュレーション結果に基づき、それぞれの患者さまの症状にぴったり適合した一連の「インビザライン・アライナー」をカスタムメードで製造します。患者さまは、矯正歯科医の経過観察のもと、装着するインビザライン・アライナーを交換していくことで、歯が徐々に移動します。歯がシミュレーションされた最終位置に移動するまで繰り返します。

現在、インビザラインに似たマウスピース型の矯正装置は数種類ありますが、当院でお奨めしているマウスピース型矯正装置が、『invisalign(インビザライン)』です。

他のマウスピース型矯正装置は歯型から作製した石膏模型を人間の手で分割しマウスピースを作製しますが、インビザラインは「クリンチェック」とよばれる3次元シミュレーションソフトを通じ、アライン社独自の最先端CAD/CAM(光造形)技術を用いてマウスピースを作製しますので、当然治療結果にも差が生じてきます。

また、他のマウスピース型矯正装置は、歯科医師の免許があれば矯正治療の経験がないドクターであっても取り扱うことができますが、インビザラインは矯正認定医または同等の矯正治療を経験したドクターでなければ取り扱うことができません

  1. 1.痛みが少ない

    インビザラインは従来型の矯正装置に比べ、比較的痛みが少ないと言われています。その理由の一つとして、インビザラインでは一つのマウスピースで動く歯の移動量が0.25mmと決められており、過度な力がかかりにくいことが挙げられます。またワイヤーやブラケットを使用していない為、粘膜に当たる痛みや刺さる痛みは無く、口内炎ができることはほとんどありません。

  2. 2.取り外しができて衛生的

    アライナーは取り外し可能なので、歯磨きやフロスも普段どおり行えます。従来型の矯正装置のように装置と歯面の間にプラークが沈着することがないので矯正中は歯や歯周組織を健康に保てます。
    またインビザラインは歯ブラシで簡単に洗浄することができ、とても衛生的です。

  3. 3.食べたいものが食べられる

    食事の時は装置を外すことが可能なので、従来型の矯正装置のように食事のたびに食べ物が装置にからみつくわずらわしさがありません。食事制限がないため矯正をはじめる前と同じような食生活が可能です。

  4. 4.金属による悩みも解消

    インビザラインはプラスティック製のため、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。金属アレルギーの方でも安心して矯正治療が可能です。

  5. 5.透明で目立たない

    「矯正治療がしたくても見た目が気になる」という方は多いのではないでしょうか?アライナーは薄く透明なので、自分からマウスピースをつけていると言わない限り、周りに気付かれないという患者さまも多くいらっしゃいます。

  6. 6.しゃべりやすい

    薄くなめらかな装置なので舌側矯正装置のような厚みや凸凹がないため、しゃべりづらさや発音障害がありません。接客業務などの仕事をされている方でも気軽に矯正を始めることができます。

インビザラインの注意点

  1. 1.症状によりインビザラインを適用できない症例があります。

    この場合、インビザラインでの治療前もしくは治療後に従来型の矯正装置「補助矯正装置」での治療が必要となります。補助矯正期間は症状によって様々ですが、3ヵ月から1年かかる場合もあります。

  2. 2.患者さまの協力が不可欠です。

    アライナーは1日20〜22時間を目安に装着することが推奨されます。使用時間が短いと目標の位置まで歯が動かないなど、治療期間及び治療結果に悪影響を及ぼします。

インビザラインによる治療の流れ

ページの先頭に戻る